システムのユーザーインターフェースがシンプルであるほどに互換性は高くなるもので、WEBブラウザさえ動作する環境であればPCやOSの種類を問いません。

職場においてWEBシステムから得られる恩恵いろいろ

WEBやシステム・セキュリティとかで使えるサイト

クライアント端末PCのOSが自由に選べる

業務システムのクライアント側をWEBブラウザ主体のものとすることで、大きな恩恵を受けることが期待できます。それは互換性です。システムのユーザーインターフェースがシンプルであるほどに互換性は高くなるもので、WEBブラウザさえ動作する環境であればPCやOSの種類を問いません。Windows、MacOS、Solaris(UNIX)、Linuxなど、様々なOSの上から利用できる業務システムが構築可能です。OSに依存しないことで、企業の選択肢は幅広いものとなるでしょう。
これはPC端末側へリッチクライアントを採用しているWEBシステムについても同様であり、例えばJavaテクノロジーをベースにしたWEBシステムであれば、前述したどのOSでも動作できる業務システムとしてリリースすることも可能です。OSやブラウザの種類やバージョンなどによる解釈・動作の違いもあるため、互換性を維持するためのチューニングも必要となりますが、この柔軟性が強い武器となる企業も確実に存在しているのです。

人気のWEBは、このホムペがおすすめですよ

Copyright (C)2017職場においてWEBシステムから得られる恩恵いろいろ.All rights reserved.