ディスクロージャーの一環として財務諸表などを公開したり、取引先との発注や在庫確認といった業務を自動化するなど、WEBシステムは対外的な情報の公開や活用に向いています。

職場においてWEBシステムから得られる恩恵いろいろ

WEBやシステム・セキュリティとかで使えるサイト

WEBを使った対外的な情報の公開や活用

社内システムの運用で蓄積されたデータは、WEBシステムであれば様々な活用の可能性が見出せます。基本的に社員だけが利用する基幹システムですが、取引件数や売上額などの業務活動で得られた統計データを、WEBページとして一般へ公開することも可能です。最終的にはディスクロージャーの一環として財務諸表などを公開していくことも充分に可能であり、企業の株主や出資者へ向けた健全性のアピールを強化する効果も狙えます。
また、企業が取引先との業務連携に利用するシステムを構築することも可能であり、WEBシステムの一部を社外利用させることにより、発注や在庫確認などを自動化して、人件費を削減するといった流れも多く見られます。データが集中管理されていることと、WEBを通してデータの連携が容易であることが、こうした仕組みの実現に貢献しています。社内と社外へ全く同一のシステムを公開しつつ、ログオン認証後、権限に応じて利用できるWEBシステムを切り替えているようなスタイルもあります。

人気のWEBは、このホムペがおすすめですよ

Copyright (C)2017職場においてWEBシステムから得られる恩恵いろいろ.All rights reserved.